プロフィール

物語キュレーター『ヒロ』

はじめまして、物語キュレーターのヒロです。

僕は現在、ブログやSNSなどでの執筆活動や情報発信を主に活動しています。

そもそも物語キュレーターとは、映画や小説などの物語を選定し、みなさんに素敵な作品を紹介する人(独自に作った肩書き)。つまり、物語と人を絆ぐ案内人です。

キュレーターとは本来、美術館にどんな作品を展示するかを選定する人のことを指します。「美術品を”選定”する」という意味が転じて、その人自身の視点で情報を届ける人、と変化したそうです。

物語と人を絆ぐ案内所『OshiBako』

『OshiBako』では、映画やドラマをはじめ、小説や漫画、アニメなどの感想や魅力をお伝えします。

情報が溢れる現代、たくさんの埋もれた物語が存在するはず。そこにはあまり知られていない素敵な作品も──。

そんな物語をたくさんの人に知ってもらうため、映画、小説、ドラマ、アニメ、漫画などの物語好きの僕が選定し、ご紹介する。それが当ブログ『OshiBako』の役割です。つまり、物語と人とを絆ぐ案内所といったところでしょうか。

きっかけはいつも物語だった

物語はいつも”きっかけ”をくれます。自分を、人生を変えるきっかけを。

幼少時はアニメに夢中となり、中学生の時は漫画を読む日々を送り、高校時代は映画やドラマを観まくっていました。そして三十歳になった頃からは、小説を読み漁るように。

僕はとても弱い人間でした。でもたくさんの物語と出会い、元気や勇気が湧いてきたり、心が救わることも。物語に触れることで、少しずつ自分が変わっていっていき、いろんなことに興味を持ち、たくさんのことに挑戦するようになりました。

僕自身がさまざまな物語に触れ、人生を変えるきっかけをもらっていたように、誰かにとって、人生の転機となるような物語を届けたい。そんな想いでこのブログを立ち上げました。

『OshiBako』に込めた想い

OshiBako──大好きな推しを詰め込んだ箱。

「推し」という言葉は、アイドルグループのファンが、自分のいちばんのお気に入りメンバーを指す表現として使われるもの。僕の場合、推しの対象は映画や小説などの作品たち。もちろん、監督さんや俳優さんを推すこともあるでしょう。

そんな愛してやまない推しを多くの人に知ってもらい、その魅力を伝える場所、という意味を込めて、『OshiBako』というブログ名にしました。

 

hulu
見逃し配信バナー