アニメ

元気になるアニメを紹介!ハートフルコメディ『ばらかもん』

アニメ『ばらかもん』のアイキャッチ

あなたはどんな物語と出会いたいですか?
物語に触れて、どんな気持ちになりたいですか?

もし、「元気をもらいたい」「前に進む勇気がほしい」「癒やしがほしい」なら、『ばらかもん』というアニメがおすすめです。

『ばらかもん』は、2014年7月にスタートしたハートフル日常島コメディアニメ。この作品を観ると、自然と笑顔になれて落ち込んでいても元気が出ます。

今回は、アニメ『ばらかもん』のあらすじや見どころ、感想をご紹介します。それから『ばらかもん』が視聴できるおすすめの動画配信サービスもご紹介。

スマートテレビ
ドラマも映画もアニメもネットで見放題!おすすめ動画配信サービス比較たくさんの動画配信サービスがあって、どのサービスに入ればいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、おすすめの動画配信サービスの選び方から、メリット・デメリットなどを紹介し、各サービスを比較します。...

アニメ『ばらかもん』の作品情報

出典:©ヨシノサツキ/スクウェアエニックス 「ばらかもん」製作委員会

アニメ『ばらかもん』は、長崎県・五島列島に移住してきた都会育ちのイケメン書道家が、自由奔放で個性豊かな島民たちとの交流を通して、書道家としても、人しても成長していく姿を描いた日常ハートフルコメディです。

とにかく笑いの絶えない物語で、ものすごく元気をもらえます。とくに落ち込んでいる人や自己肯定感が下降気味の人にはうってつけのアニメです。

ばらかもんはヨシノサツキさんの同名コミックが原作。『月刊少年ガンガン』の臨時増刊号として発行される『ガンガンPOWERED』という月刊少年誌に読み切りとして掲載された作品です。

反響が大きく、二話・三話と掲載されたのち、ガンガンPOWEREDの休刊を機に、ウェブコミック配信サイト『ガンガンONLINE』に場所を移し連載がスタートします。その後『月刊少年ガンガン』でもWEBで発表された同作品の連載がスタート。

ちなみに「ばらかもん」とは、五島列島の方言で「元気者」という意味です。

主人公・半田の6年前の高校生時代を舞台にしたスピンオフ作品もあります。こちらは半田とその周囲を取り巻くクラスメイト、中でもとくに彼に心酔している通称・半田軍というグループとの誇大評価的な日常を描いた作品です。

アニメ『ばらかもん』の登場人物・声優

出典:©ヨシノサツキ/スクウェアエニックス 「ばらかもん」製作委員会

ばらかもんの主要キャラクターと声優を紹介します。

主人公で若き書道家・半田清舟(声優:小野大輔)

半田清舟出典:©ヨシノサツキ/スクウェアエニックス 「ばらかもん」製作委員会

物語の主人公である半田清舟(せいしゅう)。有名な書道家・半田清明(せいめい)を父に持つ、書道界家元の後継ぎである若き新鋭の書道家。

声を担当したのは、『ジョジョの奇妙な冒険』の空条承太郎や『黒執事』のセバスチャン・ミカエリス、ほかにも『黒子のバスケ』の緑間真太郎や『進撃の巨人』のエルヴィン・スミスなど、さまざまなキャラクターを演じてきた小野大輔さんです。

ちなみに「清舟」というのは雅号(がごう)というもので、本名は半田清(せい)。雅号とはわかりやすく言うと、ペンネームや芸名のようなもの。島の人たちからは「先生」と呼ばれています。

人一倍元気な小学生・琴石なる(声優:原涼子)

琴石なる出典:©ヨシノサツキ/スクウェアエニックス 「ばらかもん」製作委員会

とにかく元気でポジティブな小学一年生の琴石なる。先生(半田)のことが好きで、半田の家に入り浸るように。

琴石なるの声優は原涼子さん。アニメ放映当時、まだ9歳だったそうです。原さんは声優だけでなく、子役としても活躍しており、実写映画『魔女の宅急便』でキキの幼少期を演じています。

ばらかもんの舞台は長崎県の五島列島で方言で喋るキャラクターが多くいます。なるのセリフもばりばりの長崎弁です。独特の訛りでかなり難しいはず。にもかかわらず、なるを演じた原さんは自然な喋りで、「五島列島の出身ですか?」と思ってしまうほど。

当時9歳だったので、小学一年生のなるに限りなく近く、なるというキャラクターにぴったしでした。

快活な中学生・山村美和(声優:古木のぞみ)

山村美和出典:©ヨシノサツキ/スクウェアエニックス 「ばらかもん」製作委員会

ボーイッシュで勝ち気な中学二年生の山村美和。意外にも面倒見が良く、島の子どもたちのリーダー的存在です。いつも親友の新井珠子(通称・タマ)といつも一緒で、主人公・半田の家によく出入りしています。

山村美和の声を演じたのは、本作の舞台である五島列島出身の古木のぞみさん。五島列島出身ということで方言の監修も担当されたそうです。

収録前に方言を喋るキャラクター全員を古木さんが方言でお芝居をしたものを収録し、それをそれぞれの声優さんに渡して事前に方言を聞いてもらったうえで収録をしたとか。

古木のぞみさんは『それが声優!』の紺野あおい役や『ハイスクール・フリート』の立石志摩役、『プリンセス・プリンシパル』のちせ役などのキャラクターを演じています。

漫画家を目指す中学生・新井珠子(声優:大久保瑠美)

新井珠子出典:©ヨシノサツキ/スクウェアエニックス 「ばらかもん」製作委員会

自称文学少女の新井珠子。美和とは同級生で幼なじみという間柄。周りからは「タマ」という愛称で呼ばれています。

タマは内心では否定しているものの事実上、腐女子と化しており、気づけばBLの妄想をしてしまい、それに苦悩する場面はとても面白いです。

タマを演じたのは大久保瑠美さん。『無能なナナ』の柊ナナ役や『古見さんは、コミュ症です。』の中々思春役、『一週間フレンズ。』の山岸沙希などの声を担当しています。

ミスター平凡高校生・木戸浩志(声優:内山昂輝)

木戸浩志出典:©ヨシノサツキ/スクウェアエニックス 「ばらかもん」製作委員会

なにもかも中途半端でミスター平凡な高校三年生・木戸浩志。学校の成績はオール3(5段階評価)で、何をやっても平凡で誰も認めてくれないことがコンプレックス。みんなからは「ヒロシ」や「ヒロ兄」、「ヒロ」と呼ばれています。

ヒロの声を担当しているのは、『ハイキュー!!』の月島蛍や『鬼滅の刃』の累(下弦の伍の鬼)、『呪術廻戦』の狗巻棘など、人気アニメのキャラクターを演じている内山昂輝さん。

極度の人見知り小学生・久保田陽菜(声優:遠藤璃菜)

久保田陽菜出典:©ヨシノサツキ/スクウェアエニックス 「ばらかもん」製作委員会

なるの親友で同じ分校に通う、極度の人見知りで引っ込み思案な小学一年生・久保田陽菜。悲しいときも嬉しいときも、なんでもないときも泣きます。その反面、少しばかり腹黒な一面も。

そんなダークな一面を持つひなの声を担当するのは、遠藤璃菜さん。映画『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』ではアイリス役を、『甘々と稲妻』では犬塚つむぎ役を、劇場版『若おかみは小学生!』の秋野美陽役なども担当しています。

遠藤さんは声優だけではなく、女優としても活躍しています。また歌手デビューもしており、自身のYouTubeチャンネルでは1stシングル曲のほか、歌ってみた動画なども投稿しています。

アニメ『ばらかもん』のあらすじ

出典:©ヨシノサツキ/スクウェアエニックス 「ばらかもん」製作委員会

書道界の家元の跡継ぎで、23歳という若さながら書道家として頭角を現しはじめた半田清舟。

とある受賞パーティーで彼は、自身の作品を書道界の重鎮(書道展示館の館長)から酷評されたことに腹を立て、あろうことか館長を殴ってしまう。それを見かねた清舟の父・清明は、謹慎として五島での生活を命じる。

清舟は雑音から離れ書道と向き合うため、身寄りのいない島に一人で生活することに。

海と山がきれいで人口が少ない小さな田舎町。借りた家は、汲み取り式便所にバランス釜のお風呂、ネズミが走るボロ屋……。都会暮らししかしたことのない清舟は戸惑うことばかり。

ひとり静かに書道に没頭したい清舟だが、彼の前に現れたのは自由奔放でにぎやかな島民たちだった。一人になりたいのに一人になれない清舟の慌ただしい島生活が始まる。

慣れない田舎暮らしの洗礼を受けながらも島のみんなと共に過ごす日々を通じて、人としても、書道家としても成長していく。

アニメ『ばらかもん』の見どころ

ばらかもんの見どころ①「主人公・半田清舟の成長」

出典:©ヨシノサツキ/スクウェアエニックス 「ばらかもん」製作委員会

ばらかもんは日常コメディであり、主人公・半田清舟の成長物語でもあります。

半田は「子どもの頃の成績は4と5しか取ったことがない」という、いわゆる“お利口さん”タイプの人間でした。優秀である反面、自分の殻を破ることができず、頑固で融通がきかない人間になってしまったのです。

そんな未熟者だった半田が、島民たちとの交流していく中でいろんな刺激を受け、書道家としても人としても成長していきます。その姿には強く心を動かされます。「自分も頑張ろう!」と勇気付けられます。

ばらかもんは、何気ない日常や何気ない会話からいろんな気づきを得られる面白いアニメです。その気づきに心を動かされる半田に心境の変化があるように、観ているこちら側も心を動かされます。

世間知らずで抜けているところもある半田でしたが、島で生活していくことで素直さを取り戻していく姿もまたいいです。素直じゃなかった主人公が島の子どもたちや個性溢れる島民たちと交流し、自分の書道を見つめ直してやりたいことを見い出していくなかでどんどん変わっていく姿には共感。

そうやって少しずつ成長していく半田の姿には、本当にエネルギーをもらえます。壁にぶつかって失速してしまった推進力を取り戻すのにいい物語だと感じました。

ばらかもんは、清舟がそんな自分の殻を破るために、「自分らしさとはなにか」という問いに向き合う物語。スポーツ、習い事、交友関係、部活、就活など、少なからず清舟と同じ悩みを抱える人は多いのではないでしょうか。

清舟がどんな人たちと出会い、どんな成長をするのか。その答えをぜひ本編で見届けてください。

ばらかもんの見どころ②「島の人たちの温かさ」

出典:©ヨシノサツキ/スクウェアエニックス 「ばらかもん」製作委員会

本作は、原作者・ヨシノサツキさんの生まれ育った長崎県の五島列島が舞台。自然豊かな景色には、本当に癒やされます。そしてなにより、島のみんながすごく温かいです。

半田が島に来た当初はよそ者という雰囲気があったのですが、人一倍パワフルで明るいなるをはじめ、元気あふれる子どもたちと毎日のように戯れていくことで、次第に島民たちとも馴染んでいきます。そんな姿を見ていると癒やされるのです。

半田が島に引っ越して来たときも、島民たちが引っ越しの手伝いにやってくるシーンには助け合いの精神を感じました。

ばらかもんの見どころ③「爆笑必至のハートフルコメディ」

出典:©ヨシノサツキ/スクウェアエニックス 「ばらかもん」製作委員会

島民たちの唐突なギャグには何度も笑わせられました。おもわず声を出して笑ってしまうほど。そんな爆笑ポイントが物語のあちこちに散りばめられています。

個性豊かな島民のみんなが主人公の半田とうまい具合に化学反応を起こし、笑いが生まれるので、毎話楽しくて笑えるお話ばかり。とにかく元気になる物語です。

しかしコミカルで笑えるなかにも、きらめく素敵な言葉が散りばめられていて心がほっこりします。

疲れたときとか、気が滅入ってしまったときにぜひ観てほしい作品です。観ると元気が出ます。笑うことこそ、元気の源なのかもしれません。

アニメ『ばらかもん』の感想・評価

自由奔放で曲者揃いの島民たち。だけど、人の温かさが感じられて心がほっこりする。笑いどころ満載で思わず声を出して笑ってしまう。何度観ても笑えると思う。そして都会の喧騒から離れた気分になれて、癒やされる。

都会の喧騒のなかで過ごしていると、いつの間に日常の余白が埋められていき、心の余裕がなくなります。だからたまには、その騒がしさから離れるといいと思うんです。五島のようにゆったりとした時間が流れる場所に行くことで日常に余白が生まれ、いままで見過ごしてきたことにも気付けるように。

ばらかもんを観ると、疑似的にそれを体験できます。仕事や育児に疲れてしまった人は、ぜひばらかもんを観て癒やされてください。

疲れたときとか、落ち込んだときとか、気が滅入ってしまったときとかに観ると元気になれるし、なにより癒やされますよ。

しかしただ面白いだけではありません。時おり人の優しさや温かさを感じられて、感動する場面も。そのギャップがまた人を惹きつける、本作の魅力なのかもしれません。

個人的には小学生のなるが好きです。作品のタイトルである「ばらかもん(元気者)」を象徴していて、本当に元気をもらえます。

なるの純粋さだったり無邪気さは、大人になるといつしか忘れてしまう。だけど、そういう子どもが持っている純粋さや無邪気さや素直さって生きていくうえで大事だったりします。ばらかもんはそれを思い出させてくる良いアニメだと、個人的には思っています。

人生の大事なことに気付かせてくれたり、思い出させてくれる言葉がたくさん散りばめられていて、観ると元気になります。

心に残った言葉

第四話の冒頭での、半田の言葉が心に打たれました。

「上ばかり見ていてもだめ。ゆっくり、自分のペースで。仕事に手を抜かず、コツコツと書に向かえば、そのうち自分の書に見つかるかもしれない」

もっともっと上を目指さなきゃ、と上ばかり見ていてもだめで、たまには下も見たほうがいい。焦りは禁物で、無理に走る必要はなく、自分のペースで歩くのも大切なんだと思います。

そして、決して手を抜かずに毎日コツコツと積み重ねていけば、きっと自分が探し求めいた地に辿り着くことができるのでしょう。

このように、素敵な言葉が『ばらかもん』にはいくつもあります。

アニメ『ばらかもん』の配信サービス紹介

アニメ『ばらかもん』が視聴できるおすすめの動画配信サービスは「dアニメストア」と「Hulu」の2つです。ここからは『ばらかもん』を観るのにおすすめの動画配信サービスをご紹介します。

2022年3月19日時点での情報です。配信が終了している可能性もございますので、必ず各公式サイトにて、最新の情報をご確認ください。

dアニメストア

『dアニメストア』は月額440円(税込)で、4,600作品以上が見放題のアニメ専門の動画配信サービスです。アニメのライナップ数はトップクラス。マイナーな作品も揃っています。

dアニメストアなら今期アニメがいち早く観られるのが特徴。作品によってはテレビ放送よりも最速の先行配信も。アニメ好きやアニメをとことん楽しみたい方にはおすすめです。

dアニメストアを初めて利用する方なら、31日間の無料体験を試すことができます。無料体験期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

ぜひ、dアニメストアで『ばらかもん』をお楽しみください。ほかにも観たいアニメが見つかるかもしれませんよ。

 

 

Hulu

Huluイメージ画像出典:Hulu公式サイト

『Hulu』は海外ドラマに強く、豊富な作品数を幅広いジャンルが特徴の動画配信サービス。Huluは日テレ系のバラエティやドラマを多く配信していますが、アニメも充実しています。

最新の人気アニメや話題の作品はもちろん、名作・懐かしのアニメまで、アニメファンが楽しめる作品が勢揃い。

もちろんアニメ以外にも、映画やドラマ、バラエティにドキュメンタリーまでさまざまなジャンルの作品を楽しむことができます。

Huluで動画視聴を楽しむメリットは、月額1,026円(税込)で10万本以上の作品が見放題であること。初めての方なら2週間の無料体験を試せます。無料体験期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

アニメだけでなく、海外ドラマや日テレ系の作品が観たい方はHuluがおすすめです。

 

 

元気になるアニメ『ばらかもん』まとめ

日常コメディであり、主人公の成長物語でもある『ばらかもん』。田舎という舞台を最大限に活かし、未熟者であった主人公・半田の成長を少しずつ描いています。

島のほのぼのした風景には癒やされます。なにより、ばらかもんを観れると元気になれます。

なにかに失敗して落ち込んだ、日々のストレスに気が滅入っている、気分がなんとなく沈んでいる──そんなときはぜひ、アニメ『ばらかもん』を観てください。

全12話なので、週末にイッキ見してみては。

定額制動画配信サービス『Hulu』の紹介記事サムネイル
Hulu(フールー)とは?サービス内容やメリット・デメリットを紹介【無料トライアルあり】幅広いジャンルと豊富なラインナップを誇る定額制動画配信サービス『Hulu』の料金プランや無料体験などの基本情報から、Huluの特徴やその魅力をメリット・デメリットを交えて解説します。...